フロリダの風

ウルトラランナーのランニングライフ

【大会参加記83】加古川マラソン1999

1999年の加古川ラソンは1時間36分で完走。

 

2度目のハーフ100分切で、当時の自己ベストのタイムでした。

 

この頃はフルマラソンを中心にウルトラマランほ本格的に始めようとしていた時期で、ハーフマラソンは練習という位置づけでした。

 

この年は年間のマラソン大会参加回数が30回で、加古川ラソンは1999年の締めくくりの大会でした。

 

ハーフで初めての100分切を達成し、北海道マラソンに初参加、そして初めてのフルマラソンサブフォーと、飛躍の年となりました。