フロリダの風

ウルトラランナーのランニングライフ

ランニングで熱中症予防

今朝は8kmをゆっくり走りました。

 

今の日本ではどこに行っても冷房が効いていて、汗をかく機会が減りました。

 

夏は汗をかく季節です。

 

汗をかくことの大事な働きの一つが体温調節をすることです。

体温調節することで熱中症を防いでいるのです。

 

大量に汗をかくことで、汗をかく必要があるときに汗をかきやすくなります。

 

ランニングは、汗をかく練習にもなるので、熱中症になりにくい体をつくることにもなります。

 

汗をかく練習なら、サウナでもいいのですが、ランニングは時間をかけてたくさんの汗をかくことができるので、体温調節機能を強化する点では優れています。

 

 

ただし、ランニングで熱中症になっては本末転倒ですので、しっかり水分補給し、熱中症に気をつけながら走ることを楽しみたいです。