フロリダの風

ウルトラランナーりょうえのランニングライフ

はじめて走った100kmマラソン

私が初めて100kmマラソンに参加したのは1999年の野辺山ウルトラマラソンでした。

 

なぜ100kmマラソンを走ろうと思ったのか、覚えてはいませんが、当時はとにかく走りたかった時期でした。

 

ランニングを始めて6年くらいたち、ようやくフルマラソンを歩かずにキロ6分くらいで走れるようになったレベルでした。

 

自分の限界を知りたい欲求に駆られていたのかもしれません。

 

 

野辺山ウルトラマラソンは、今は5月に行われていますが、当時は9月に行われていました(2000年から5月開催)。

 

当時の記憶と言えば、前日の宿で同室だった人が驚くほどいびきが大きくて、同じ部屋の人たちがみんな眠れなかった思い出があります。

 

初めての100kmマラソンは、60kmくらいで関門制限に間に合わず、リタイアだったように思います。

 

あれからずいぶん経ちますが、今でも、関門制限ギリギリで、完走できるかどうかは運まかせのようなスタイルは変わっていません。

 

フルマラソンの走力は向上しても、ウルトラマラソンの走力はずっと同じままです。

 

完走できてもできなくても、ウルトラマラソンには、フルマラソンにはない魅力があるので、やめられません。