走って歩いて一歩ずつ

ランニング・ウォーキングと健康情報

健康食品の販売での詐欺について

f:id:ultrarunner:20220105091440j:plain



 健康食品を販売している店舗の中には、粗悪品を販売している悪質な業者も有るようです。

 

 ネットの通信販売では、詐欺商品なども多くなってきているといいます。

 

 健康食品の販売に関係する詐欺について、いくつか調べてみました。

 

 通販で健康食品の購入手続きをしたら、悪質な業者に引っかかってしまったという人がいます。

 

 近年、問題になっている健康食品の関係した詐欺事件には、ある日唐突に、買った記憶のない健康食品が送られてくるというものです。

 

 何の手続きもしていないはずなのに、いつの間にか手続きをしたことになっているという流れです。

 

 この詐欺は、何の前触れも無くいきなり健康食品が配達され、その後に販売店から、商品を申し込んだので代金を払うように説明されます。

 

 受け取った人の中には、実際には申し込んでいないのにも関わらず、商品を受け取ってしまっているから仕方が無いとあきらめて、代金を支払ってしまう人もいるそうです。

 

 お年寄りなど弱い立場の人を狙っていることが多く、代金を支払わないと脅迫まがいの電話によって、強制的に騙し取る方法です。

 

 近年では、多くの人がこのパターンで被害にあっており、送りつけ詐欺という名称で問題視されています。

 

 一般的に、送りつけ詐欺のようなものは、年を取った人が標的になることが多いようです。

 

 健康食品もそれに合わせて、高齢者を意識した商品になります。

 

 発注した記憶がない健康食品が家に来た場合は、詐欺の被害に合うことがないよう、販売者側の言うがままの行動をとらないように気をつけてください。