走って歩いて一歩ずつ

ランニング・ウォーキングと健康情報

ビタミンEサプリメントの副作用

f:id:ultrarunner:20220103082431j:plain

 様々なサプリメントが、ビタミンEの健康効果を取り入れようと成分に取り入れているといいます。

 

 何らかの弊害がビタミンEで出ることはあるでしょうか。

 

 食品からビタミンEを摂取するという場合、アーモンドのようなナッツ類やマーガリンが用いられます。

 

 サプリメントも盛んに使われています。

 

 脂溶性ビタミンに分類されるビタミンEは、油に溶ける性質がある成分です。

 

 脂溶性ビタミン全般に言えることとして、体外に排出されづらく、飲みすぎると体内に過剰に貯め込まれるとがあります。

 

 ビタミンKの代謝に問題が生じたり、肝臓に障害が起きることが、ビタミンEの過剰状態によって引き起こされるとされていました。

 

 この頃、これらとは別な副作用が認められています。

 

 ビタミンEを摂取しすぎると、骨粗しょう症になりやすいというものです。

 

 骨の代謝にビタミンEの影響が現れるために、骨がもろくなって骨粗しょう症になると言われています。

 

 天然の食材からの補給ならば、過剰になることは滅多にないようです。

 

 老化防止のため、健康のためとせっせとビタミンEのサプリメントを摂取していると、摂取量が多くなりすぎて骨に影響が出ることがあります。

 

 適切な飲み方や分量は、サプリメントの箱や容器に書かれています。

 

 適切な使い方をして、ビタミンEが過剰にならないようにしてください。