走って歩いて一歩ずつ

ランニング・ウォーキングと健康情報

尿酸値を上げるプリン体とサプリメント

f:id:ultrarunner:20211129172003j:plain

 

 尿酸値が高くなると通風を引き起こす恐れがあるとされ、その予防対策や健康維持の方法が注目されています。

 

 尿酸値のサプリメントへの関心がそんな中で高まっているといいます。

 

 プリン体というものが、通風の予防に役立つことを謳ったサプリメントが注目されるきっかけのひとつに関係があるといいます。

 

 尿酸値を上げる原因のひとつとされているのがプリン体だからです。

 

 動物性食品に多く含まれるプリン体とは、DNAを作る核酸の材料になる塩基です。大いに、プリン体を最終的に代謝させる役割を持つ乳酸の量に関係してくると考えられているものです。

 

 通風を引き起こす恐れがあるとされているのは、プリン体を多く摂りすぎると、プリン体代謝する役割を持つ尿酸も大量に必要となり、その為尿酸値が上がってしまうということからなのです。

 

 現在そのプリン体に注目し商品化されたサプリメントも多く、いろいろな種類のサプリメントが販売されています。

 

 蟹、鮭の白子、ステーキなどの食品に、プリン体が多く含まれています。

 

 ステーキなどの他にもプリン体は、野菜や魚、糖類、お酒など身近な食材に含まれているといいます。

 

 プリン体の対策には、ビタミンCやキトサン、マグロ、かつお、鮭など回遊魚の特有成分であるアンセリンアンセリンを凝縮したフィッシュペプチドなどが有効とされています。

 

 これらの有効成分からつくられたサプリメントも通風の予防に役立つサプリメントとして非常に注目を集めています。