走って歩いて一歩ずつ

ウルトラランナーのランニング日記

サプリメントは合成よりも天然の商品が良いのか

f:id:ultrarunner:20211015133333j:plain

 

 サプリメントの原材料は、合成した材料と、天然の材料とに、分類して考えることができます。

 

 より信頼性の高いサプリメントにしたい場合は、合成成分より、天然素材のサプリメントにしたほうがいいでしょう。

 

 製造原価は、合成成分からつくったサプリメントのほうが断然お安くなりますので、安い商品を探すと合成のサプリメントになります。

 

  一度にたくさんつくることができますし、色々なメーカーが販売しているために、合成成分のサプリメントは買い求めやすいようです。

 

 しかし、原則として化学合成で製造されたサプリメントに関しては、記載されている成分のみしか摂取を期待できないといった点があります。

 

 素材本来の天然成分が含まれないことから、同時に摂取できる栄養素やミネラルが少なくなるので、合成のサプリメントはその点で劣ります。

 

 合成の原材料を使ったサプリメントの中には、体にとってよくない成分が混入していこともあり、吸収が阻害されている可能性もあります。

 

 

 たとえサプリメントで摂取しても、体内に吸収されない栄養素は、そのまま体の外に出ていってしまうだけですので、吸収をよくする必要があります。

 

 入手しやすく、低価格で購入しやすい合成品のサプリメントは、購入価格に見合った程度の働きしかしてくれないこともあります。

 少し割高になるかもしれませんが、納得のいくサプリメント選びをするなら、天然素材が使われているものにしましょう。

 

 品質が良いといってもあまりにも高価はサプリメントはお金の負担も大きくなり、継続することが出来なくなることも考えなければなりません。

 

 

 手軽な合成タイプのサプリメントの中には栄養成分の組み合わせなど、吸収率を高める工夫がされている商品もあるので、選択肢の1つでもあります。