走って歩いて一歩ずつ

人生を楽しむ健康法

健康に役立つはずのサプリメントを使うことによる弊害

f:id:ultrarunner:20211005144538j:plain

 

 健康に美容に役立つとして、たくさんの人から愛用されているビタミンのサプリメントですが、弊害について考えておかなければなりません。

 栄養不足を補うために、ビタミンや、ミネラルのサプリメントを使用していたところ、想定外のトラブルが起きてしまったということもあるといいます。

 

 水溶性のビタミンの場合、短期間に大量摂取をすると、消費しきれなかった分は汗や尿から排出されます。

 人気のビタミンCは水溶性ビタミンの代表的な例で、この成分のサプリメントを摂取しても、弊害が発生することはまずないでしょう。

 人によっては、ビタミンCを多く摂り過ぎた時に尿路結石の症状が出たというものもあるので、注意は必要です。

 

 一方、脂溶性のビタミンは、身体に留まる性質があります。健康や美容に作用する成分なのは確かですが、過剰に摂取することで副作用が出る報告がありますから、サプリメントに頼り過ぎることで知らないうちに過剰摂取してしまう危険があることを覚えておかなければなりません。

 

 妊娠中に、必要以上のビタミンAを摂っていると、お腹の子の成長を邪魔することがあります。

 

 ビタミンAや、ビタミンEに特に気をつけましょう。体がむくみやすかったり、疲れやすかったりする時は、脂溶性ビタミンの摂りすぎかもしれません。

 

 

 過剰摂取による弊害を避けるには、サプリメントの使用方法を守ることです。

 

 摂取したサプリメントのせいでトラブルを拡大させないようにするには、まず飲む量や、飲み方を知ります。

 

 一気にサプリメントを摂取しても、すぐに健康になるわけではありませんので、適切な使い方ができるようにしておきたいものです。