フロリダの風

ウルトラランナーのランニングライフ

四万十川ウルトラマラソン2022開催中止

2022年の四万十川ウルトラマラソンの中止が発表されました。

 



開催1か月前の中止発表ということで、参加予定のランナーにとっては残念な結果になりました。

 

四万十川ウルトラマラソンは今ほどウルトラランナーが多くなかった頃から人気の大会で、毎年エントリー申込多数で抽選となっていました。

 

今回、その人気大会が3年ぶりに開催されるとあって参加予定のみなさんは楽しみにしていたことでしょう。

 

ウルトラマラソンは、ボランティアの確保などが簡単ではなく、人口の少ない地域で大規模な大会を行うためことは容易ではありません。

 

せっかくの人気大会なので、また復活してほしいと思います。

 

 

【大会参加記61】荒川市民マラソン1999

私が初めて東京荒川市民マラソン(現在は板橋Cityマラソン)に出場したのは1999年の第2回大会でした。

 

実は、第1回大会の時もエントリーしたのですが、申込が受付けられていなくて参加できませんでした。

 

この頃は、ネット上でのエントリーが始まったばかりの頃で、システムの不具合が良く起きていました。

 

第1回大会のエントリーの後、案内が来ないので、事務局に連絡すると、申込履歴がないということでした。

何度も交渉して、エントリーの操作を行ったことは確認してもらえたのですが、既に定員を超えるエントリーを受付けているため、対応できないといわれ、泣く泣く参加をあきらめました。

 

その後、同じ主催者の別の大会でも、同様の事態がありました。

その時は、定員に余裕があったため、システムの不具合と思われる理由でエントリーできなかった人が追加エントリーで参加できました。

 

それ以降、システムが改善されて、同様の事態は私の知る限りでは起きていないようです。

 

第1回大会に出場できなかったのは残念でしたが、私がエントリーできず、その状況を事務局に伝えていろいろやり取りしたことが、その後の改善に役立ったのだと、勝手に思っています。

 

せっかくなら第1回大会に出たかったですが、それもいい思い出です。

 

 

そして、第2回大会では、2週間前の大会を4時間2分で走っていたことで、最初からサブ4を狙いに行きました。

 

結果は4時間1分での完走でした。

 

あと一歩のところで初めての4時間切りを逃しました。

 

広くない河川敷のコースで1万人が走る大会では、自分のペースで走るのが難しかったたです。