フロリダの風

ウルトラランナーりょうえのランニングライフ

今朝の10km走

今朝は10km走りました。

暑くなってきたので、これからはしっかり水分補給をして走りたいです。

 

今日走ったコースは高低差が約200m。

比較的平坦なところを走りましたが、それでもこのくらいの高低差があります。

 

毎日アップダウンのあるコースを走れる環境があることはありがたいです。

 

 

 

神戸マラソンはエントリー受付中

神戸マラソンは3年ぶりに開催予定です。

 

エントリー受付期間は2022年6月10日~6月30日。

 

6月17日にはエントリ者数が定員の2万にを超え、抽選となることが確定しました。

 

神戸市役所前をスタートし、明石海峡大橋の西で折り返し、ポートアイランドにゴールするコースで制限時間は7時間です。

 

5年連続落選してる人が対象の「連続落選者枠」など、一般エントリー以外の募集枠もあるので、該当する人は要チェック。

 

大会公式サイトはこちら。

神戸マラソン2022公式サイト (kobe-marathon.net)

 

 

 

神戸市民でコースの近くに住んでいる私としては、一度は走ってみたい大会です。

 

 

今朝のランニング

今朝は10km走りました。

蒸し暑くて汗が噴き出してきます。

夏ですね。

昨日まで履いていた穴の開いたシューズをやめて、穴の開いてない靴で走りました。

最近走っていて足首が痛かったのはシューズが歪んでいたからかもしれません。

今日は痛くなかったです。

明日も10km以上を目指します。

 

 

マラソンを走る時のマメ対策

 

長距離を走るときに悩まされるのが靴擦れやマメです。

 

マメができる原因は、シューズとの摩擦、指と指の摩擦、靴下との摩擦です。

 

私もマラソンを始めたころは、フルマラソン以上の距離を走るとマメが痛かった覚えがあります。

ラソン大会に出ると、周りのランナーがトラブルの対策などを教えてくれることが良くあります。

 

乳首に絆創膏を貼ったらいいというのも、その一つで、これは画期的でした。

 

足のマメに対しては、皮膚を保護するクリームがあることを教えてくれた人がいました。

実際に使ってみると、皮膚のトラブルが激減し、フルマラソンでマメが気になることはなくなりました。

 

クリームは年々進化しているようで、最近の皮膚を保護するクリームは、長時間効果が持続し、強力に皮膚を保護してくれます。

 

私は長年走っているうちに皮膚が丈夫になり、ウルトラマラソンでもマメはできにくくなりましたが、雨の日などは皮膚がふやけてマメの原因になることがあります。

そういう時は、保護クリームが役に立ちます。

雨でもしっかり効果があります。

 

長距離を走る時のマメが心配な方は、使ってみるといいと思います。

 

ランニングシューズの寿命

今朝は7kmをゆっくりジョギングしました。

今日も雨です。

最近、右足首が痛いのは、体が傾いているからなのかな、と思います。

 

もったいないからと、底がすり減ったシューズを履いていますが、底がかなり斜めになっているので、走る時に足首が変にねじれるのかな、という気もします。

 

こんなに底がボロボロです。

 

底がツルツルなので、雨の日は滑ります。

 

 

靴はもったいないけれども、ケチって足を痛めることも避けたいです。

 

このシューズの累計走行距離は、6000~7000kmくらいだと思います。

 

そろそろこのシューズとはお別れでしょうね。