フロリダの風

ウルトラランナーりょうえのランニングライフ

第一回神戸明石ウルトラウォーキング【前編】

f:id:ultrarunner:20220217185244j:plain

 2022年2月11日、第一回神戸明石ウルトラウォーキングが開催されました。

 

 午前9時に最初の組がスタート、5分おきのウェーブスタートで300人が神戸の六甲アイランドを出発しました。

 

f:id:ultrarunner:20220217185533j:plain

 

 スタートして最初は六甲アイランドの中を歩き、橋を渡ると明石方面に向かって神戸の海沿いを歩いて行きます。

 

 天気の良い日で2月にしては暖かく、歩きやすい天候です。

 

f:id:ultrarunner:20220217185951j:plain

 

 スタート地点では一人一個荷物を預かってくれるので、遠方から参加で荷物の多い人も安心です。

 

f:id:ultrarunner:20220217190055j:plain

 

 スタート直後の六甲アイランド

 太陽が輝いています。

 

f:id:ultrarunner:20220217190153j:plain

 

 橋の上を歩き、六甲アイランドから対岸に渡ります。

 

f:id:ultrarunner:20220217190300j:plain

 

 海沿いの快適なコースを進んでいきます。

 

f:id:ultrarunner:20220217190603j:plain

 

 先頭を歩いている人はかなり速いペースです。

 初めてウルトラウォーキングに参加した時、序盤に先頭集団についていき、30kmくらいで足が動かなくなった経験があるので、マイペースで歩きます。

 

f:id:ultrarunner:20220217191044j:plain

 コース上には全部で9つのチェックポイントがあり、すべて通過しなければなりません。

 約10km地点の第一チェックポイントを2時間ほどで通過。

 チェックポイントでは、食べ物や水を補給できます。

 

f:id:ultrarunner:20220217194041j:plain

 

 神戸大橋を渡り、ポートアイランドへと進んでいきます。

 

f:id:ultrarunner:20220217195250j:plain

 さらに橋を渡り、神戸空港へ向かいます。

 

f:id:ultrarunner:20220217195355j:plain

 空港の建物が見えてきました。

 天気がいいので歩き続けていると汗をかきます。

 今回は、最新の汗をかいても冷えないインナーを試しています。

 これだと気温が下がっても風邪を引かないはずです。

 

f:id:ultrarunner:20220217195700j:plain

 

 神戸空港の脇に南国を思わせるような風景がありました。

 神戸市内はほとんどの場所に行ったことがありますが、ここに来たのは初めてです。

 天気もいいので、南の島にいるような感覚です。

 

 この南の島の中に22km地点の第二チェックポイントがありました。

 スタートして約4時間です。

 ここではサンドイッチをいただきました。

 おいしいチキンサンドでした。

 

f:id:ultrarunner:20220217205415j:plain

 ポートアイランドを集団で歩いて行きます。

 黒い雲が空を覆い始めました。

 まだ元気ですが、少しずつ疲労もたまってきました。

 

f:id:ultrarunner:20220217212023j:plain

 

 神戸の街並みと山々を見ながら人工島の海辺を歩きます。

 

f:id:ultrarunner:20220217212509j:plain

 

 再び神戸大橋を渡ります。

 

f:id:ultrarunner:20220217213623j:plain

 

 コースは複雑で交通量が多いので、地図を見ながら安全確認をしながらの歩行で、ずっと頭を働かしながら進んでるような感じです。

 

 神戸駅近くにモザイクという商業施設があります。

 その手前の歩道橋で猛スピードで走ってきた自転車とぶつかりそうになり肝を冷やしました。

 ぶつからなくてよかったです。

 

f:id:ultrarunner:20220217214643j:plain

 

 第3チェックポイントは約42km地点。

 ノエビアスタジアム横です。

 ここまでの所要時間が7時間。

 日が傾き始めました。

 

 第一回神戸明石ウルトラウォーキング。

 長い戦いは中盤戦に入っていきます。

 

 

 

 

 

  

 

 

 

それぞれの長野マラソン2022

 

 

 2022年4月17日に先日行われた第24回長野マラソンでは、男子は茅野市の牛山純一さんが2時間14分42秒で優勝、女子は関野茜さんが2時間41分20秒で優勝しました。

 

 また、86歳の小口親司さんが4時間7分3秒で完走しました。

86歳で完走、しかもこのタイム、年をとってもまだまだやれるんだと、勇気をもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

チャレンジ富士五湖2022

f:id:ultrarunner:20220418111758j:plain

 

ウルトラマラソンのシーズンが帰ってきました。

富士五湖ウルトラマラソンでは多くのランナーが走りを堪能したようです。

 

118km、100km、とてつもない距離を完走された皆さん、ゴールにはたどり着けなかったみなさんも、そのチャレンジに勇気をもらいました。

 

34年かけてサブスリーを達成した人

f:id:ultrarunner:20220327162851j:plain

 

 34年かけてフルマラソン3時間切りを果たした方がいます。

 

 24歳の時に走った走った初マラソンで3時間9分。

 

 その後、サブスリーを目指すも達成できないまま月日は流れ、58歳にして初めて3時間切りを果たしたということです。

 

 実に34年をかけてのサブスリー達成。

 

 あきらめなければ、あきらめかけてもあきらめずに努力を続ければ、いつか夢はかなうのです。

 

34年かけて3時間切る マスターズマラソン世界記録保持者、次の夢(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

 

 

 

 

  

 

 

揺れないウエストポーチ

f:id:ultrarunner:20220227125854j:plain

 

  ランニング中にスマホを安全、快適に収納できるウエストポーチを探していたら、良いものが見つかりました。

 

 「フリップベルト」というもので、伸縮素材でできていて従来のウエストポーチのようなバックルがありません。

 

 そのため、サイズ調整が不要でベルトの余った部分が邪魔になることもありません。

 

 

 チャックを開け閉めせずに収納できるので、真冬の手がかじかんでいる時でもスマホが取り出せるし、チャックが引っ掛かって出し入れに手間取ることもありません。

 

 スピードを出して走ってもウエストポーチが揺れないし、ランニングには最適のグッズです。

 

 スポーツ用品店でたまたま見つけたのですが、これは買って本当によかったと思います。

   

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

「​なめとこ山」を体感せよ。

f:id:ultrarunner:20220415221614j:plain

 

 

「いわて銀河100kmマラソン」は、岩手県北上市から雫石町まで縦断する高低差500m超の山間コースを、豊かな自然と澄んだ空気を感じながら走るウルトラマラソンです。

2年ぶりの開催となる16回大会では、土砂により通行止めとなっていた「銀河なめとこライン」がコースに復活。

宮沢賢治の愛したイーハトーブ大自然をマラソンで体感しませんか。

エントリー締切:2022年4月30日(土)

 

 

HOME | いわて銀河100kmマラソン公式サイト |-岩手県で開催のウルトラマラソン- (iwate-

ginga100.jp)